栄養補助食品を買おう|体外受精のことも知って妊娠・出産に特有の悩みを解決しよう

食事では補えない妊婦に必要な栄養は、栄養補助食品を使って摂ろう

食事だけでは補給できない

妊娠中はつわりもあるため、なかなか思ったように食事をすることができないと感じる人もいるでしょう。つわりが治まったと思っても、次はお腹が張って一度に多くの量を胃に入れることができなくなってしまうのです。妊婦さんならサプリの導入も検討しましょう。

妊婦必見のサプリとその購入の流れ

医師からの指示を受ける

妊娠中に飲むと良いサプリや健康食品を購入する前に、自分はどれだけ食事で栄養補給をしたら良いのかを医師に判断してもらいましょう。産婦人科に通うことなく出産に至るという人もいますが、決して自己判断で栄養補給の方法を変えないようにしてください。

食事の配分を計算する

問題なく食事で栄養補給をすることができる場合もあるので、まずは食事の計画を練ってからその不足している分を補うために健康食品を活用すべきです。健康食品を摂取することで、余分な栄養を摂取してしまわないように気をつけましょう。

食品業者を選定する

医師からのおすすめがあった場合はその業者が販売している食品を購入すると良いです。初産の妊婦や周囲に経産婦がいない場合はどの業者が良いのか迷ってしまいます。ちゃんと栄養補給ができてコストパフォーマンスも高い業者を知るべきです。

成分表示の確認

目的に合わせてその業者が販売している食品の成分表示を確認していきます。特に注目すべきは産地です。BSEや鳥インフルエンザの流行が製造に影響を与える場合もあるので、その土地でどんな製法を使って作られているのかを把握しておくと安心です。

利用する期間を考えて購入

食事量は妊婦さんの環境や体調次第で変わることもあるため、購入する際に様々な選び方ができる業者の方が良いといえます。買えば買うほど割引がきくなら、余ったとしても友人やママ友にあげることもできます。状況によって買い揃えましょう。

栄養補助食品を買おう

ご飯

必要量を測る

どんな食事をすれば妊婦に必要な栄養が摂取できるのか、レシピやメニューを紹介しているようなインターネットサイトなどを確認し、生活の中で取り入れていきましょう。バランスよく食べるためには計算機や計量器を使わなければならないわけではありません。タンパク質なら片手に足りる分で一センチくらいの厚さがある肉や豆腐を食べれば一食に必要な分が分かります。野菜なら両手からあふれる位の量を食べる必要が出てきます。

役立つ健康食品

それでもタンパク質の量が足りないと言われてしまう妊婦さんがいますが、不安に感じるくらいなら健康食品で補ってしまいましょう。「加工食品はどうも抵抗がある」と感じてしまう人でも、産地や製法にこだわって妊婦の食事に必要なサプリを作ってくれている業者の存在があるので安心です。つわりがある人でもパウダーや錠剤タイプであれば毎日飲むことができて、栄養面での心配を解消できます。