妊娠を実現する医学の力|体外受精のことも知って妊娠・出産に特有の悩みを解決しよう

体外受精とは何なのか、不妊治療を始める前に知っておくべきこと

妊娠を実現する医学の力

顕微鏡

不妊かどうかの考え方

不妊であると認定されるのは、子作りを始めてから期間を数えた場合に限ります。結婚をしてから期間を数える人も多いので、勘違いしないようにしましょう。しかし、女性が三十歳を超えて初産で出産となると高齢出産になってしまい、難産が予想されます。そのため早く体外受精やタイミング法などを利用して、妊娠したいと望む人が多いのです。

不妊治療はタイミング法から始まる

不妊であると認定された後にはいきなり体外受精をするのではなく、タイミング法によって治療が行なわれます。大阪にある病院においても、よっぽどの理由がなければたいていの病院がタイミング法から始めるでしょう。しかし、その方法でうまくいかないとなれば次の段階に進むことになりますので、大阪では治療を始める前から体外受精をどの段階で受けるのか検討する夫婦も多いといいます。

治療の流れを把握する

体外受精での妊娠でしか不可能だと判断されたなら、基礎体温を図りつつ受精のタイミングをとっていきます。基礎体温が低温になった場合に排卵誘発剤を投与して、それから採卵と採精を行ない、卵子を受精させます。高温期に突入した際に着床させますが、それまでに胚培養は子宮外で行なうことになるという段階を踏むのです。