赤ちゃんのために栄養摂取|体外受精のことも知って妊娠・出産に特有の悩みを解決しよう

普段よりも妊婦は食事による栄養素摂取に気をつけなければならない

生活習慣病になる人は増えています

食事に偏りが出てしまい、社会人になってから身体を壊したという女性は多いです。糖尿や高血圧など、若い内に生活習慣病にかかって通院する人が増えていますが、特に妊娠を望む人、または妊婦ほどこういった生活習慣病にかからないようにしなければなりません。

医師が一番妊婦にしてほしいことランキング

no.1

栄養摂取

最も医師が妊娠した女性に気をつけてほしいことのランキング1位とは、食事です。お酒は絶対に飲んではいけませんし、なるべく太らないように脂肪を多く摂取することは避けましょう。そして、赤ちゃんの身体の形成のためにも、タンパク質が必要となります。

no.2

適度な運動

お腹が大きくなり、動かなくなることで運動不足になってしまう妊婦が多いです。運動不足によって血行不良な状態が続くと、出産が難しくなってしまうので医師もこの点については重要視しているのです。最近はマタニティヨガも流行っていますよ。

no.3

ストレスをためない

ストレスをためないように、というのが次に求められることです。妊娠や出産、そして子育てに向けて心労も溜まっていきますが、急がずに周囲の人に助けを求めましょう。ゆっくり行動をすることで、自然とストレスを避けることができます。

赤ちゃんのために栄養摂取

和食

妊娠していない人も注意しよう

今妊婦の人、いつか妊娠を望んでいる人、そして特に子供の計画がない人、それぞれにとってバランスの良い食事を摂取することはとても大切なことになってきます。妊娠したらよく骨が弱くなってしまうとも聞きますし、経産婦の中でも何度も出産を経験している人は、50代以降に骨粗鬆症になる確率が多くなるといわれているのです。骨粗鬆症といえば女性は誰でもなる可能性はあるので、全世代の人がカルシウムの摂取について意識するべきです。

ミネラルを摂ろう

特に女性は骨を強化する意味でもミネラルを摂取することがとても大事なので、ミネラルを豊富に含んだ食事を医師からも指導してもらいましょう。
ミネラルには以下の種類があります。
・カルシウム
・鉄
・マグネシウム
・亜鉛
代表的なものでもこういったものがありますが、他にもいろいろあるので注目です。

摂取できないとどうなるのか

鉄分やカルシウムといったミネラルが摂取できないと、体調が明らかに崩れるというわけではありません。しかし、それだけに危険性が察知できないのです。鉄が足りなくなると赤血球が作れなくなりますので、貧血になりやすくなります。妊婦なら食事を普通に摂取していてもそれが赤ちゃんへの栄養となるので、いつもよりも多く摂取する必要があります。足りなすぎると赤ちゃんの育成に影響が出る場合もあるので、産婦人科の医師と定期検診の際に食事の相談をしなければなりません。